美味しいご飯の炊き方を知っていますか?

もうすぐ私の大好きな新米の季節。
おいしいものもいっぱいお店に並んでくる時期ですね。

スーパーでは早くも「新米入荷」なんて幟までたっていました。新米って来年度産の米がとれるまで新米のような…。とれたてがおいしいのは間違いないので、それだけみんな待っているものなんですよね。

最近コメの消費量が増えてきて、スーパーで買うのが大変になってきました。月15キロくらいならまだまだなんでしょうが、自転車で買うにはきついし、ネットスーパーでは15キロ売りなんてありませんし。2回も頼むと手数料が気になるし。

そんなことを考えて、最近はお米屋さんで買って配達してもらっていました。
私は胚芽米が好きなので、7分づきにしてもらうんです。朝電話したら夕方までに届くのもありがたい。

しかし、もうちょっとお得にならないかと想い、ネットで買ってみました。30キロ。銘柄はちょっと希望外でしたが、30キロ(精米後は27キロ)で一気に買えるのは楽です。しかも値段も魅力的。誰が作ったかもわかるので安心です。

さて、そうやって買ったお米も、ちゃんと炊かないとおいしくなりませんね。
昔風にジャッジャッ、ギュッギュと研いじゃいけないそうですね。精米技術がよくなっているので、強く研ぐと割れたりおいしい部分までなくなったりしちゃうそうです。

「2回すすいで10回掻き混ぜる」を2回繰り返したくらいで十分だそうです。

うちもそうやって炊いています。おいしいかはお釜が古いので微妙ですが、自分は楽になりました。
これから寒くなると、お米を研ぐときの水が冷たいですね。お湯で研いだらおいしくないそうなので、がんばって水に手をつっこんでいましたが、この方法なら水に手を浸さなくていいので助かります。

お米とぎは毎日のことなので、楽しておいしいなら大助かりです。たくさん炊いて、おいしい秋の味覚を楽しみたいと思います。