子供にとってのラジオの魅力

最近子供がラジオを聴きます。
聴いてもほとんど理解できないらしく、聴くのはもっぱらニュースか英会話。

子供は小2です。なんで今ラジオ?ゲームなどがないから時間が余っているのか?というと、そうでもないです。暇ならずっと地図を作ったり工作したりしています。
テレビだって、別に時間制限したりせずに見せています。お笑いなどのバラエティはたしかに見せていませんが、録画したアニメなどは毎日のように見ています。

なのになんでラジオなんでしょう。私はほとんどラジオを聴いてこなかったので、いまいち魅力がわかっていません。有線聴くとかならわかるんですけど、歌謡曲知りませんしねぇ。

自分でダイヤルを回して、聴きたい番組を探すというのが、ゲームのようで面白いのかなとも思いました。せっせと番組表を調べて周波数を合わせようと四苦八苦しています。それも面白いんだそうです。

ラジオは防災用でした。CDを自分で操作して聴けるから、というので防災用に出来るものを選んで買ったんです。
それが、CDも聞くけどラジオのほうにはまるとは。

テレビと違って映像がないので、耳だけで理解するのは難しいみたいです。ニュースでさえ「何度も聞き直したい」と言います。録音できないか聞かれました。

でも、耳からの情報を理解できるようになるのはいいことです。テレビではテロップなどで助けられてしまうから、耳に頼っていないと私でもわかります。
このまま英会話などを聴いて少しでも英語の学習の助けになればと思いますが、ラジオで子どもでもわかるような英会話なんて、なかなかやっていないのが残念です。

いつまでこのラジオブームは続くんでしょうか。もう少し続いてくれたら、と思います。