「お出かけ」カテゴリーアーカイブ

風情のあるマイナーな小さい電車

子供とよく電車にのって出かけます。
行き先は数駅先なだけだったりしますが、駅周辺を散策して帰ってくる数時間だけのお出掛けが多いです。電車に乗ることが一番の目的らしいです。
車内では外を眺めるよりも路線図を眺める方が多い子供たち。あと○駅とず~っと言っています。数の勉強にもいいかなと勝手に思います。

嵐電や広電、さらに筑鉄など、小さい電車をご存じですか?
嵐電は嵐山電鉄。京都にあります。観光地である嵐山に行く電車なので有名ですね。この電車は、バスのようにピンポンを押して降ります。運賃も一律で200円。後ろから乗って、前の運転手さんの横にある機械にお金を入れて降ります。ここもバスみたい。途中1部路面電車です。

広電は広島電鉄。広島の路面電車です。市内中心部と宮島方面と走っています。西広島から宮島口までは普通の線路を走ります。この電車は真ん中から乗って、前後から降ります。中に車掌さんがいて両替などしてくれます。市内中心部はすごく本数が多く、路面電車が渋滞したりします。上から眺めると面白いです。

筑鉄は筑豊電鉄。北九州市の黒崎から直方に走る小さい電車です。料金は距離で変わります。中に車掌さんがいるのは広電と同じです。大きいお札で頼むと、たまに両替できるまで待ってくれとか言われます。最初は混んでますが、最後は数人しか残りません。一気に景色が田舎になるんです。最後に遠賀川という大きい川を渡ります。

京都にはほかにも叡山電鉄というのもあります。これは鞍馬のほうに行く電車で、出町柳から出ています。残念ながら乗ったことはないんですが。

普通の私鉄やJRに乗るのもいいんですが、小さい電車にのるのはもっと楽しいです。車体自体が本当に小さいし、バス感覚で乗っている気がします。駅間も短いので飽きません。

日本全国マイナーな電車っていっぱいありますね。有名な三陸鉄道とかもそうでしょう。どこも経営が苦しいみたいで、いろいろ工夫しているので、イベントがあったり乗ること自体が楽しかったりすると思います。
旅行先にそんな電車を入れてみるのもいいですね。

いつか子供に乗る電車の時刻など全部決めてもらって、子供主体の電車旅行なんてしてみたいです。

温泉へ 広島2(番外?)~ほの湯

広島のもう1つの温泉は、「ほの湯」という日帰り温泉施設です。
南区と佐伯区にあって、佐伯区のほうが新しいみたいですね。

南区のほうが行っていないので、佐伯区の方を書きます。
ここは、広電楽々園駅から歩いて数分のところにあります。お風呂に電車ではいかないかな。

入口でバーコードのついた鍵をもらい、これがロッカーのカギになり、このバーコードで自販機などの支払いもします。館内ではお金がいらないというシステムです。
入場料は露天風呂に行くか行かないかで変わります。露天に行くなら800円、行かないなら480円だったかと思います。
私は露天風呂には入らないのでいつも安い方ですが、旦那は外にも行った方がいいと言っています。

中はいくつか種類のちがうお風呂があります。熱めのお風呂とぬるめのお風呂、寝湯などだったと思います。私は2歳児と一緒だったのであまりきちんと観察できていないので、もっといろいろあるんだと思います。
お風呂以外にもあかすりなどができますが、これは行ってからの予約になり別料金です。

中にはレストランもあります。きちんとした料理を出しているようですが、少し高めかな。(うちはとなりのファミレスに行きますが)

目の前にスーパーや本屋、電気屋さん、ホームセンターがあり、もしだれかがとっても長湯の場合、別会計にしておいて、外で待つのもありかと思います。

施設自体、新しいのでとてもきれいです。入口から中まで掃除も行き届いています。浴室の出入り口にある敷物を取り換えているのを見ましたので、定期的に変えているんだと思います。

男湯女湯の間にあるマッサージ機や椅子がいっぱいあるところで、のんびりまったりしながら連れを待つのもなかなかいいものですよ。

お湯は間違いなく温泉だそうです。涼しい時期にも行きましたが、外を歩いていても湯冷めしにくかったです。お湯は少しとろりとした、さっぱりした感じです。

手軽に温泉に入れるので、日ごろに疲れをいやしにとてもいい場所だと思います。

温泉へ 広島1(番外?)~クアハウス湯の山

広島にもいろんな温泉がありますが、行ったのは日帰りで利用する施設だけなので、施設の紹介かな。

1つ目は、湯の山温泉にある「クアハウス湯の山」です。
場所は広島市佐伯区湯来町。佐伯区の中心部からでも1時間程度かかります。すっかり山の中。ここは本当に広島市内なのかと、不安になりながら進んでいくと、ちょっとお店などが出てき始めて、突き当りを右方向に行けば付きます。右に曲がるまではほぼ直線です。

ここは温泉ですが、プールなんです。クアハウスなので、水着でお風呂も入れます。裸で入る本当のお風呂も小さいですがあります。
入るのに大人は1500円かかります。けっこうな金額がかかりますが、手ぶらでも行けるくらいなんでもそろっています。バスタオルとフェイスタオルは受付したらその場で貸してもらえます。水着も頼めばあるそうです。帽子は勝手に使えるように山積みになっています。
赤ちゃんでも入れる屋内プールというのはとても少ないので、ここはとても貴重です。

赤ちゃん用のアームヘルパーは持っていく必要があります。浮き輪の持込はOKです。空気を入れる機械が受付にありました。勝手に使えます。

中は25Mプール1つと、小さいプールが2つ。25Mプールの横のほうが浅くなっていて、小さい子用のスペースも確保されています。
さらに、120センチ以上ならウォータースライダーが滑れます。大きい子ばかりなので子どもだけで上がっていきますが、上に係の人がいるので危なくないように思いました。

プールで疲れたら、2階のお風呂コーナーに行ってゆっくり疲れます。泡ぶろや寝湯、蒸し風呂などいろいろあり、外に小さい露天風呂と打たせ水がありました。

うちはトータル2時間くらい入っていました。お風呂のほうで泳ごうとするので、気を付けてみておかないといけないなと思いました。

家族全員でお風呂に入って、遊べて、と、一緒に入れるというのもとてもいいですよ。
3階に休憩スペースとうどんなどを売っている売店があるので、食事もできます。

湯来町は夏でも心持ち涼しいです。冬場は雪で凍結するかな。
ここは温泉地でもあるので、クアハウスで遊び、温泉宿に泊まることも可能です。

私の好きな温泉地その3~群馬県の伊香保温泉

群馬の有名な温泉地は、草津、四万など数多いですが、伊香保もかなり有名ですね。

草津はお湯が熱そうでやめて伊香保にしたんです。

伊香保は外を散策しないともったいないですね。
メインストリートは石造りの坂です。つまり階段。すごい傾斜なので、年配の方はかなりきついかも。
坂道には温泉の川が流れています。ふたがされているので見えませんが、何か所か中が見えるように透明の板の場所があり、勢いよく流れる温泉水が見えます。川じゃないです、あの勢いは。もう滝。
うちはたそがれ時に散策しましたが、階段は子供にはちょっと高いかな。それもまた面白かったようでした。お湯が見えるところではじ~っと眺めて帰りたがらないくらい。

坂道沿いにいろんなお店があって、食事のとれるお店もありますし、お宿の部屋で食べれるようなスナックや飲み物を売っているお店もあります。子供には昔の木のおもちゃが置いてあるところもありました。

お宿には駐車場が小さくて、後から宿の人が離れたところの駐車場に移動させます。朝はマイクロバスでその駐車場まで連れて行ってくれます。坂道で土地が少ないからの知恵ですね。

お宿によって雰囲気がかなり変わると思いますが、日本風の風情ある旅館が多いように見えました。
うちが泊まったお宿には子供用の浴衣もあって、それをきて散策に出たんですが、こどもは普段できない経験をできてとても喜んでいました。
廊下で宿の方に会えば気さくに対応してくれるし、居心地よかったです。

高速のインターから結構離れているので、気楽に立ち寄るには無理があります。やっぱり、宿に泊まってゆっくり散策したりお湯につかったりと、のんびりしにいく場所だと思います。
冬ならスキー場もそれほど遠くないはずです。でも、スキーも一緒にやりたいなら違う場所の方がいいかな。

私の好きな温泉地その2~群馬県の下仁田温泉

温泉天国の群馬県には、超有名な温泉地も多いですが、マイナーでも面白いとこがいっぱいあります。

群馬県の南西にある、下仁田温泉も、面白いですよ。ネギで有名な下仁田です。

うちは夏休みに行ったんですが、下仁田温泉の清流荘というお宿に泊まりました。ここは本館よりも離れの方が数があるお宿で、離れならけっこういいお部屋に泊まれます。
うちは雨降ったら子供と移動するのに苦労したら…、と思い本館にしました。

ここ?って思うような細い道を走って行きます。下仁田市街からはけっこう近かったです。
入口に川が流れていて、すごく涼しいです。入ってびっくり。広いんですよ。敷地内には池もあり、魚を放しているいけすのような場所もあります。さらに鹿がいる!

私がびっくりしたのは、廊下の構造。壁がない…。外廊下から障子をあけたらいきなり部屋!こんな家に行ったことがなかったので、新鮮でした。部屋も廊下も掃除はされててきれいですよ。文句はないです。
さらに、廊下をうろうろしていると魚がいたり、外の庭の小道を歩いていけば大きな池にコイもいる。子供が退屈しないお宿です。

お湯はかなり離れた露天風呂です。外から見えるんじゃないかというような作りなので、個人的にはくつろげない…。一人きりだったので思い切り自然を味わえばよかったのにと思います。
パパと子供は面白がってました。岩があったとか、何かがいたとか言ってました。

お料理もおいしかったですよ。こんにゃくが特に。

ここは近くに群馬サファリパークがあるんです。磯部温泉とかほかの温泉地もありますが、別天地に行ってみたい!自然の中で思い切り深呼吸したい!という方にはとてもいいと思います。

私の好きな温泉地~岐阜県の下呂温泉

旦那も私も温泉でゆっくりするのが好きで、結婚前や1人目が小さいころはあちこち行きました。

そんな中、個人的にとっても気持ちいいお湯だなぁと思ったのは、岐阜県の下呂温泉です。

車だと、中央道の中津川からけっこう走らないといけませんが、電車だと駅が近いので便利に行かれます。

私は泊まったのは、大きい旅館で水明館というところです。大きな花器とかの立派なものが飾ってあって、立派な旅館でした。
まだ子供がいなかったのでいいお部屋に泊まって、3回はお風呂に入りました。食事もおいしかった。今ならあんな立派な花器などがあるところには泊まれません。

何よりも、本当にお湯がきもちよかったです。
美肌の湯というのは本当だと思います。体にまとわりつくような粘度のあるお湯で、化粧水に入っている気分だったのを覚えています。
体の芯まであたたまって、湯冷めのしませんでした。
お湯に浸かるのは目的の旅行だったので、とても満足できるお湯でした。

今は、温泉地に行くというよりも、泊まるところに温泉がある、って感じなので、あんなゆっくりした時間は持てないのがさみしいですね。

下呂では、朝も早く起きで朝湯をして、朝食をゆっくりとって旅館を出ました。

下呂には縄文村というところがあります。縄文時代の勉強ができる施設っていうよりは、ちょっと立ち寄って子供が遊べる場所って感じですね。遊具のある場所もあるし、お弁当も食べれそうです。

温泉めぐりとかはできませんし、街歩きが有名なわけでもないので、美肌の湯で日頃の疲れをいやすのにお勧めします。
帰りに郡上八幡など、違う観光地に回っても楽しいと思いますよ。