「日常」カテゴリーアーカイブ

スポーツの秋

スポーツに気持ちのいい秋は、週末ごとにいろんなイベントがやっていますね。

遠出は出来ないし、子供が出来ることしか参加できないので、ほとんど行くことはありません。
しかし、近所でイベントがあったときにはできるだけ行こうと思っています。

地区のスポーツセンターでやっていたイベントでは、福祉課の人が主体となった子供向けの工作イベントと、スポーツセンターの人が教えてくれるニュースポーツの体験があって、行ってみました。
ニュースポーツは「ペタンク」と「グランドゴルフ」などでした。

やってみると案外難しいというのが素直な感想です。
特にペタンクはほうり投げたボールを転がして、○に入れるんですが、これが入らない…。ボールは弾まないので、落ちたらボトンとほぼ止まります。でも、普通に投げるとけっこう飛んでいくんです。上に投げあげた加減でうまく入れるみたいなんですが。
グランドゴルフは2歳児でもなんとか形になりました。小学生になれば、けっこうコントロールを考えて打てるので面白いみたいです。何度も繰り返していました。

トランポリンもあって、一人30秒交代でした。うちの怖がり園児は最初表情が固まっていましたが、2回目は楽しめたそうです。

知っているスポーツだけでなく、知らないスポーツもあって、やってみるとどれも工夫が必要だったりして面白いです。こうやって体験をして、工夫する面白さにはまっていくんでしょうね。
団体のスポーツでは味わえない面白さでした。

生涯スポーツのほうが、年齢や性別関係なく楽しめるんですね。いくつも体験できて、子供にはとても新鮮だったようです。
かれらの中から、大きくなってもやってみようという人が出てくるでしょう。応援したいものです。

ダイエットに適した時期と適さない時期

食欲の秋だから、と言い訳をして食べてばかりではいけません。
と自分にも言い聞かせながら、ダイエットを少しばかりやっています。

ダイエットで困ることと言えば、やはり「停滞期」ですよね。

痩せようと思った時、女性の場合、痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。ご存じでしょうか。

痩せやすい時期は、月経開始から排卵までの卵胞期。
痩せにくい時期は、排卵から月経までの黄体期。

卵胞期は、体がエネルギーをため込む必要がない時期なので、カロリーを減らしたり消費すると、効率がいいです。
黄体期は、妊娠に備えて脂肪や栄養をため込む時期なので、少々カロリーを減らしたくらいでは変わりません。

このことを踏まえて、私は卵胞期はチャンス期間、黄体期は我慢期間と考えています。
卵胞期に脂肪や体重を減らし、黄体期は現状維持に徹するんです。

しかしここに落とし穴があります。
がんばった結果が体重計に反映されるまでに10日から2週間かかります。今日食べるものを減らしたからと言って、運動したからと言って、すぐ体重が減るわけじゃないんです。

なので、体重計では、卵胞期には減らず、黄体期に減るというサイクルになります。
だから体重の上では、卵胞期は我慢期間、黄体期は結果が出る期間になってしまいます。実際の逆ですね。

ダイエットを始めて2週間がんばって体重が減ってきた!喜んで油断すると、ため込む時期に油断することになってリバウンドします。
さらに2週間たった1か月後。ここまでがんばってきたのに、体重が減らなくなります。ここでがっかりしてしまってもリバウンドします。

ダイエットの鉄則は、すこしづつでいいから続けること。体重が減りやすい時期と減りにくい時期、それと反対になる体重計で変わらない時期と減る時期。この関係を理解していると、減らない時期も乗り越えられます。

数百グラムの増減に一喜一憂せず、気長に続けるのがコツでしょうね。

そういう私も一進一退を繰り返しています。続けることを肝に銘じて頑張っていきます。

美味しいご飯の炊き方を知っていますか?

もうすぐ私の大好きな新米の季節。
おいしいものもいっぱいお店に並んでくる時期ですね。

スーパーでは早くも「新米入荷」なんて幟までたっていました。新米って来年度産の米がとれるまで新米のような…。とれたてがおいしいのは間違いないので、それだけみんな待っているものなんですよね。

最近コメの消費量が増えてきて、スーパーで買うのが大変になってきました。月15キロくらいならまだまだなんでしょうが、自転車で買うにはきついし、ネットスーパーでは15キロ売りなんてありませんし。2回も頼むと手数料が気になるし。

そんなことを考えて、最近はお米屋さんで買って配達してもらっていました。
私は胚芽米が好きなので、7分づきにしてもらうんです。朝電話したら夕方までに届くのもありがたい。

しかし、もうちょっとお得にならないかと想い、ネットで買ってみました。30キロ。銘柄はちょっと希望外でしたが、30キロ(精米後は27キロ)で一気に買えるのは楽です。しかも値段も魅力的。誰が作ったかもわかるので安心です。

さて、そうやって買ったお米も、ちゃんと炊かないとおいしくなりませんね。
昔風にジャッジャッ、ギュッギュと研いじゃいけないそうですね。精米技術がよくなっているので、強く研ぐと割れたりおいしい部分までなくなったりしちゃうそうです。

「2回すすいで10回掻き混ぜる」を2回繰り返したくらいで十分だそうです。

うちもそうやって炊いています。おいしいかはお釜が古いので微妙ですが、自分は楽になりました。
これから寒くなると、お米を研ぐときの水が冷たいですね。お湯で研いだらおいしくないそうなので、がんばって水に手をつっこんでいましたが、この方法なら水に手を浸さなくていいので助かります。

お米とぎは毎日のことなので、楽しておいしいなら大助かりです。たくさん炊いて、おいしい秋の味覚を楽しみたいと思います。

秋に漂う花の香り

もう真夏の暑さもどこへやら。
最近は朝晩めっきり涼しくなって、夏が終わったんだなと感じますね。

そして秋になると、どこからかいい香りが流れてきます。
あぁ、いい香り、と深呼吸したくなります。

金木犀か銀木犀の香りだと思います。ついつい、「どこから香っているのかな」と周りを見回しますが、見つからないときもありますね。香りが強いから、遠くで咲いているのかもしれません。

子供と歩いていて気付くと教えるんですが、子供は「だから?」という反応です。一応、「いい匂いだね」と返してくれる子もいるんですが、「くさい!」という子もいまして…。さみしいことこの上ないです。
季節の香りでしょう。いいなぁと思う感受性を持ってほしいんですが?と思いつつ、「そうかぁ、くさいんだぁ」とスルーしています。

これが魚を焼くにおいや、お好み焼きのにおいなら「いいにおい!食べたい!」と食いついてきますよねぇ。先日はキャラメルポップコーンに引き寄せられてましたし。

花の香りは秋に限らず感じることがあります。何の花かわからないので誰にもいいませんが、花の甘い匂いは大好きです。

私は視力が弱いので、耳と鼻からの情報には敏感だと思ってきました。しかし、大人になってからは花粉症になったりアレルギー性の鼻炎に悩むことも多く、においにすっかり鈍感になってしまいました。
そんな私だからこそ、花の香りを感じられるのがうれしいです。

自分でガーデニングとかできればいいんですが、センスが全くないので、よそのお宅で楽しませて頂いています。
好みの分かれる分野なので、嫌いな方やアレルギーの方も多いでしょうが、金木犀を「くさい!」と言って切ってしまうような、ぎすぎすした社会にならないでほしいな、と思います。

美味しいダイエットドリンクが一番簡単に続けられます

やせたいけどカロリー計算が面倒臭い、という駄目な私。
気が向いたときに運動して、とりあえずおかずを一品減らして、というのをやっていましたが一向にやせる気配がありませんでした。
何か気軽に出来るダイエットはないだろうか、そう考えてネットで検索し、見つけたのがダイエットドリンクによる置き換えダイエットです。

一日の食事のどれかを、指定の食品に置き換えるというこのダイエット。
好みの味の腹持ちのよいダイエットドリンクさえ見つけることさえできれば、簡単にやせることができます。
昼と朝は好きなものを食べることとして、私は一番効果の出やすい夕食で置き換えダイエットすることにしました。

ただカロリーの少ないドリンクというだけでなく、美容効果や健康効果を期待できるのがいいですね。
巷で噂のヒアルロン酸やコエンザイム、食物繊維などが入ったダイエットドリンクは、ついでに肌もきれいになるということでいいこと尽くめです。

それにちょっと前のダイエットドリンクと比べ、最近のものは味も美味しいのでうれしいですね。
好きでもないものを飲み続けるのは苦痛ですし、直ぐに飽きてしまいますが、美味しいのなら話は別です。
普段ダイエットなんて全然続かない私も、置き換えダイエットでなんとかやせることができました。
これからも出来る限り続けて、今の体型を維持したいですね。