月別アーカイブ: 2015年8月

毎週土曜の恒例イベント!おさるのジョージ

毎週土曜日の朝のお楽しみ、「おさるのジョージ」
子供は「ジョージはなんでもできてすごいよね」と感心してみています。たしかに、なければ作り、困ったら考えて、自力でなんとでもしてしまう。スーパーモンキーですよね。

でも、親としては、「黄色い帽子のおじさん、すごい」と思います。
だって、家に帰ってきて工作や何かをやろうとして家じゅうぐちゃぐちゃになってて、怒らないなんて不可能です。
「あぁ、またか」と言いながら、ジョージには「なにをしてたんだ?」と普通のトーンで話しかける。困るまで何も言わず、適宜アドバイス。

あまりにもぼんやりしているとぼけたテッドですが、子育ての上では見事なお手本だと思います。案外なんでもできますしね。博士や牧場主や様々な人と友人だし、宇宙まで行っちゃったりするし。

一番強烈なのが、クリスマスの特番です。おととしのものですが、いまだに親子で好きです。
クリスマスの準備をしながら、お互いにプレゼントを用意しあうんです。
ジョージはおじさんにあげたいものがいっぱいあるけど、自力では作れなくて試行錯誤。トマトの雪だるまではトマトにケチャップをいれようとして台所中トマトまみれにしてたし、ツリーを買いに行けば会場中のツリーを倒しちゃうし、ハプニングだらけです。
でも、友人のプレゼントの歌を手伝ったり、おじさんを尾行してまでプレゼントのアイデアを探したり、とても素敵なところもいっぱいありました。
結局ジョージのプレゼントは包み紙のうらに書いた長い絵でした。おじさんが大好きという気持ちがいっぱいで、いいプレゼントでしたよ。

見るたびに、子供の「なんでこんなことをしたのか」を確かめてから叱るようにしなくてはと思います。

同じものを見ているのに、親子で感じるものが違って、それを親子で語り合うのも楽しい時間です。

男の子の好きなもの

タイトルはちょっと下ネタか!と突っ込みを入れたくなるような雰囲気ですが・・・w
男の子のすきなものと言えば、ヒーローと乗り物が代表的です。

乗り物は、電車、バス、飛行機、工事車両、パトカーや消防車などの緊急車両などなど。その子の好みで分かれます。
面白いほど好みが違って、バスが好きな子はトミカもバス、図鑑もバス、レゴもバス。きれいにバスばっかり。
電車は新幹線が好きな子、蒸気機関車が好きな子、貨物列車が好きな子、在来線や私鉄の特急が好きな子などと、電車好きの中でも分かれるんです。

乗り物の図鑑は全部乗っているものが多いのですが、マニアックな図鑑なども面白がりますね。

ヒーローは基本は、戦隊ものと仮面ライダーでしょうか。ウルトラマンも入りますね。でも見る機会が多いので、戦隊ものと仮面ライダーが一番多いでしょう。
こちらは両方見る子が多いです。続きの時間でやっているからでしょう。両方知っているけど、僕はこっちが好き、という感じになります。

不思議なことに、親が教えていなくても、好きな方にはまるんです。ヒーローなんて見たこと無い子がおもちゃ売り場でヒーロー系のおもちゃを欲しがったり、電車に乗る機会もないのに電車のおもちゃを選んだり。

そして、男の子はどっぷりとはまることが多いです。武器や種類をいっぱい集めたり、名前を細かいところまで覚えたり。一時それだけ?と文句を言いたくなるほどにはまります。
その後はポケモンやドラえもん、カードゲームなどにつながっていきます。

興味の対象が広がらないので、不安に思う方も多いと思います。かくいう私もそうでした。
しかし、1つに絞ってとことん突き詰めていける能力は、素敵な才能なんだそうです。将来大人になったとき、仕事や勉強で深いところまで興味を持って探究できる、そんな素質なんだとか。

なので、子供が何かにはまったら、全部買う必要はありませんが、一緒に名前を覚えたりして積極的に接するほうがいいそうですよ。

うちでも、ヒーローにはまっている子と一緒にヒーロー図鑑を見たり、地図にはまった子と街探検をしたりしています。一緒に面白がれるほうにもっていけたらいいんだと思います。

子供にとってのラジオの魅力

最近子供がラジオを聴きます。
聴いてもほとんど理解できないらしく、聴くのはもっぱらニュースか英会話。

子供は小2です。なんで今ラジオ?ゲームなどがないから時間が余っているのか?というと、そうでもないです。暇ならずっと地図を作ったり工作したりしています。
テレビだって、別に時間制限したりせずに見せています。お笑いなどのバラエティはたしかに見せていませんが、録画したアニメなどは毎日のように見ています。

なのになんでラジオなんでしょう。私はほとんどラジオを聴いてこなかったので、いまいち魅力がわかっていません。有線聴くとかならわかるんですけど、歌謡曲知りませんしねぇ。

自分でダイヤルを回して、聴きたい番組を探すというのが、ゲームのようで面白いのかなとも思いました。せっせと番組表を調べて周波数を合わせようと四苦八苦しています。それも面白いんだそうです。

ラジオは防災用でした。CDを自分で操作して聴けるから、というので防災用に出来るものを選んで買ったんです。
それが、CDも聞くけどラジオのほうにはまるとは。

テレビと違って映像がないので、耳だけで理解するのは難しいみたいです。ニュースでさえ「何度も聞き直したい」と言います。録音できないか聞かれました。

でも、耳からの情報を理解できるようになるのはいいことです。テレビではテロップなどで助けられてしまうから、耳に頼っていないと私でもわかります。
このまま英会話などを聴いて少しでも英語の学習の助けになればと思いますが、ラジオで子どもでもわかるような英会話なんて、なかなかやっていないのが残念です。

いつまでこのラジオブームは続くんでしょうか。もう少し続いてくれたら、と思います。