月別アーカイブ: 2015年3月

胎内記憶

うちの子は胎内記憶というか、産まれたときの記憶を話してくれました。

1人目は、「ぎゅーってされて、いたかった」
2人目は、「まだ寝てたかったのに、おいでいっていうからでてきた」

1人目は、陣痛促進剤で誘発から始まったので、誘発開始から31時間、10分間隔になってから18時間という長時間の出産でした。なので、最後は出てこれず、おなかを押され、下から吸引して無理やり出しました。
赤ちゃんだし、痛いことなんてないと思っていたので、いたかったといわれてびっくりしました。「なんで知ってるの?」です。
2人目は、予定日前日に転勤が決まり、1か月検診までに引越し日が来てしまう!とあわてました。「はやく出ておいで、間に合わないよ」と言ったら数時間後に陣痛が。
ちゃんと聞いてくれたんだと感謝しましたが、そのことを覚えていたんですね。っていうか、言わなかったらまだ出てくる気なかったんだぁ、と思いました。

3人いますが、出産は3人3様だったので、末っ子が覚えているか楽しみにまだ我慢しています。

おなかにいたときのことや、おなかに来る前のことを覚えている子もいるんですよね。本当にママを選らんで産まれてきたと覚えている子もいるようで。絵本は嘘じゃなかったって思います。

難産の場合に覚えている子が多いとか聞きましたが、二男は別に難産じゃないなぁ。末っ子は超早かったから覚えていないかもしれませんね。

子供の空想でしょ。とか、親が言ったことを聞いていたからでしょ。とか言われそうですね。
でも、覚えていると思った方が素敵じゃないですか?
子供が産まれるのは、親にとってはもちろん特別ですが、子供にとっても人生最初の試練なわけです。必死だったから記憶に残る子もいるんだと思います。

今はもう「そういうことを言った」ということは覚えていますが、「そうらしいね」って感じみたいです。自分では忘れているらしい。聞けてよかったです。